LOG IN

利き目と矢の構える位置

by でにっしゅ太郎

みなさん、こんにちは♪

(*'▽')

人には、

利き手や利き足があると思います♪

運動してたりすると

余計に気にしたりしますよね!

実は、利き目というものもあるそうで

よく使う方の目が存在するそうです♪

以前、そのことについて

書いたので参考にしてみてください!

野球とかでも

利き目と打席の右左に関係があったりと

スポーツ全般的に

気にされてるみたいです♪

(*^^)v

実は、、、、

ダーツにも利き手と利き目が

大きく関わってきます

今日はそのことについて!

なぜ利き目が重要?

利き目とは

「よく見る方の目」ということで

見ることに対して慣れている方の目になります♪

普段は

利き目で物を見ながら

もう片方の目で、立体感などを補正しているそうです☆

ダーツや野球だと

この「見ることに慣れてる」というのが重要になってきて

的に対して、距離感を測ったりと、

狙いやすかったりするそうです!

(^^)/

ですので

より意識しているプロの方は多いそうです♪

右目と右手

ここからパターンに分けてみようかなと

思います

まず一番オーソドックスな所から♪

利き手が右手で、利き目も右目

(利き手が左手、利き目も左目は左右対称にするだけなので

ここと同じと考えてます♪)

日本人の中だと

多い方ではないでしょうか

\(^o^)/

実際、あんまり気にすることはないと思います♪

構える時も自然に構えて

目線に矢を持って来れば

右目の前に矢があるので

狙いやすいと思います

ちょっと雑な絵で申し訳ありません(笑)

要は、

的ー矢(手)ー目

が一直線になります♪

左利きの人も同様です!

こうなるのが

やりやすい構え方の一例です♪

左目と右手(その1)

次に、

利き目と利き手が違う場合、、、

人によって変わるのですが、

まず

そんなの気にしねーぜ!って

言って気にしないパターンがあります(笑)

これまで書いてきたことが

まったく意味ないとは言わないでください(笑)

矢を構える位置と

見てる位置が違うパターンです♪

これは悪いわけではなく

練習をすれば、全然これでもイケるようになります!

実は

あのパーフェクトの絶対女王とも言われ

ぼくもモデルとしてる

「松本恵」プロも

実はこのタイプだそうです♪

右手で投げているが、利き目が左目で、

気にすることもあったそうですが、、

最終的には

「的」と「矢の軌道」だけを見ていたというので

ハンパないです

( ゚Д゚)

左目と右手(その2)

次に、先ほど同様に

利き手と利き目が違うパターンで、

今度は色々と気にするパターンです!

図にするとこうなるのですが、

問題は

この「矢」を右手で持ってるということです♪

画力がなく

うまい書けなかったので

諦めちゃったのですが、、、

この図のような感じを

どのようにするかというと

・構える際に「腕(手)」をズラす

・構える際に「頭(目の位置)」をズラす

の2パターンだと思います!

\(^o^)/

テイクバック(腕を引くとき)に左目側に引くのか、

それとも構える際に

頭を傾けて矢の正面になるように目の位置を調整するか

ということです

(*'▽')

実際にプロの方でも

どちらの人もいますので

正解不正解はありません!

ですが

自分がどのパターンが投げやすいか

頭の片隅にでも置いてもらったら嬉しいです♪

( *´艸`)

それでは今日はこの辺で♪

(^_-)-☆

Let's Darts Enjoy Waltz

by でにっしゅ太郎

最新のダーツランキングはこちら♪

OTHER SNAPS