LOG IN

投げながら調整していく

by でにっしゅ太郎

みなさん、こんばんわ♪
\(^o^)/

題名にもあるとおり、
ダーツは投げながら調整していってる人がほとんどだと思います♪


というのも、、
1ラウンド(簡単に言うと自分のターン)は、
3本の矢を投げることが出来るため

1本目、2本目と投げていき、
微妙なズレを見ることができます!


とは言いながら、、
数ミリのズレを調整するなんてプロでも相当な技術だと思います!
Σ(・ω・ノ)ノ!


例えば、
ワンビットズレの時(ダーツ盤の小さい穴が1つズレている時)は
ほぼほぼ合ってるようなものなので
気にしなくて良いです!

もっと言うなら
狙ったところから
半径2~3センチズレは、もはや許容範囲だと思って投げています♪
(/ω\)


さすがに、
狙ったところから大きくズレた場合は、
・リリースポイントが違う
・余計な力が入ってる
・すっぽ抜けている

ぼくの場合は
このどれかだったので
一息ついて修正していました♪


上記の場合は、
緊張しているか、
もしくは感覚がズレているからです☆
(*^^*)


むしろ、
1本1本のズレよりも
3本がちゃんとグルーピングしているか(まとまっているか)の方が
気にした方が良くなると思います!
(^◇^)


狙ったところに1本だけ入って、あとはバラバラよりも
狙ったところ周辺に3本入った方が、圧倒的に強いです♪

だってダーツ盤の一つ一つも大きくできてるので♪


ですので、
最初の方は、そんな気持ちで投げると
楽しく、面白く投げていけると思います♪
(≧▽≦)

それでは!

Let's Darts Enjoy Waltz by でにっしゅ太郎

もしよければ、下記のリンクをポチッとお願いします♪


でにっしゅ太郎
OTHER SNAPS